SHIINBLOG

ウィリスの宇宙交信記

超絶怒涛のスーパーミラクル雑記ブログ

一眼レフを使うなら知っておくべき《ISO感度》とは

【スポンサードリンク】

f:id:uxirisu:20170401152751j:plain

 

ISO感度とは

 

カメラで写真を撮ると、カメラ内の素子に光が当たり、それを感知して写真が出来上がる

 

この素子の感度を上げたり、下げたりすることで写真全体が明るくなったり、暗くなったりするんや

 

 

この素子の光に対する感度のことをISO感度って言う

 

人によって「イソカンド」とか「アイエスオーカンド」とか呼んだりするな

俺はイソって呼んでるわ(笑)

 

ISO感度は数値が高ければ感度が良くなり、低ければ感度が悪くなる

 

 

ISO感度の幅

カメラにもよるけど、一般的な一眼レフだとISO感度

100〜10000ほどの範囲から選べるようになっとるな

 

ちなみにこの範囲の数値なら好きな数値を選べるわけじゃなくて

100,200,400,8001600,3200,6400・・・ってな感じに倍々の数値からのみ選べるんや

 

 

日中など明る時はISO100、ISO200程度で良いけど、暗い場所では光の量が足りないのでISO400、ISO800と上げていく必要がある

 

夜ならISOはどれくらい?って聞かれても、その場の暗さの程度にもよるし、被写体がものなのか星なのかにも依存してくるからはっきりこれ!とは言われへん。。。

 

その場その場で自分が適切なISO感度を見つけなあかんねんで!

 

 

 

ISO感度の違いによる例

ISO感度を変えることで写真がどんな感じに違ってくるか見てみよか!

 

f:id:uxirisu:20170401152805j:plainf:id:uxirisu:20170401152809j:plain

これは2017年 伊豆で撮った天の川の写真や

 

 

どっちがISO感度が高いか、見るとはっきりわかるな

 

右がISO感度が高い方や

 

 

ISO感度が高い方が、周りが明るく、星も多く写っているように見える

 

若干白っぽくなってしまうため、色味を重要視したい人とかは気をつけよう

 

結局この写真2枚だとどっちのISO感度が適切でカメラ技術的に良いの?って

思うかもしれん

 

けど、どちらの写真が好みかは人の感性によって違ってくるから自分の気に入るISO感度で撮影するんが一番ええで!

 

 

ISO感度を上げすぎによるデメリット

f:id:uxirisu:20170401160155j:plain

星空を撮影する時、星がいっぱい映るようにISO感度を爆上げしたりしたらあかん!

 

普通に背景や周りが明るくて白くなってまうっていう理由もあるけど、ISO感度の根本的なデメリットがある

 

 

それはノイズが入ることや

 

ISO感度を上げるってことは、光を感知する素子の感度を上げると言うことやから、

 

上げすぎると、風景に残したい光以外の自然界に普通に存在するノイズが写り込んでまう。。。

 

もし、写真がザラザラしてたり、写真の一部を拡大していくと、緑の点や紫の点が入っていたりすることがある

 

それはノイズで数が多すぎるとISO感度を上げすぎている可能性があるから注意しよう

 

 

 

写真の明るさはISO感度だけによらない

ISO感度だけで写真の明るさが決まるわけではないんや!

 

他にシャッター速度と絞り値、露出補正などなど、いろいろなパラメーターがカメラには存在する

 

そのパラメーターすべての影響の総合で写真の明るさは決まるんや

 

f:id:uxirisu:20170324031919j:plain

 

カメラで写真を撮る時、だいたい絞り値などを優先して設定することが多い

 

そのとき、絞り値の変更によって写真の明るさが気に入らない方向に変わってしまった時、最終調整としてISO感度を使ってコントロールすることが多いな

 

 

 

ISO感度はオートを活用しろ!

f:id:uxirisu:20170401162958j:plain

 

いちいちISO感度を決めたりするのはめんどくさい!

 

絞り値を優先するからISO感度は最後の仕上げとして活用したい!

 

なんて方にはISO感度はカメラに自動で設定してもらおう!

 

 

「さっきまでISO感度についてめっちゃ読んできたのに結局自動でええんか!(激)」

ってなるかもしれんけど、

 

一眼レフカメラをもってるなら

ISO感度についての知識は頭に入れておくべきなんやで(泣)

 

ISO感度についての知識を得たことは後々生きてくる!

後々じゃイヤって人はすぐに星空写真撮りに行こう!

 

 

 

ISO感度を自動で設定したい場合、カメラーのモードを確認してほしい

f:id:uxirisu:20170314040954j:plain

 

こういうモードを設定する部分がカメラのどこかにあるはずや

 

この場合『M』というマーク(マニュアルモード)以外はISO感度を自動でせってしてくれる! なんや だいたい自動やん

 

 

例えば、絞り値優先で撮影したい場合『A』(絞り値優先)に設定して撮影すると

 

設定した絞り値ではシャッター速度が遅くなって手ブレするとカメラが判断した場合

 

自動的にISO感度を上げてシャッター速度を速くしてブレを気にせず撮影できるんや!

 

 

乗り物とか乗っててシャッター速度を速くして撮影しないといけない時、写真が暗くなってしまう。。。

 

そんな時も自動でISO感度を上げてくれるんや!

 

 

もうマジめっちゃすごい!!!!! 

はんぱねぇ・・・

 

 

ってなわけで、本当に写真展に出す用の写真とか、星空写真とかはISO感度を手動で設定せなあかんけど、

 

普段のおさんぽ程度の撮影なら自動がおすすめや!!!

 

 

まとめ

ISO感度とは、光を感知する素子の感度の高さを表す数値

 

高いと写真が明るくなり、逆に低いと暗くなる

 

ま、ISO感度はオートでええ うん

 

 

以上ISO感度 まとめでした!

 

デジタル一眼レフの疑問200・撮影テクニック編 (SOFTBANK MOOK)

デジタル一眼レフの疑問200・撮影テクニック編 (SOFTBANK MOOK)

 

 

次の記事

カメラのアングルを使いこなせ!『一眼レフ上達』 

関連記事

 

《初心者でもできる!》天の川 撮影の仕方とカメラ設定 

一眼レフを使うなら知っておくべき《シャッター速度》とは