SHIINBLOG

ウィリスの宇宙交信記

天体観測と日頃のあれこれ

宇宙物理専攻学生がオススメする。まずこれを読むべき1冊!【宇宙好き必見!】

【スポンサードリンク】

どうも!ウィリスです!

 

俺は宇宙に興味を持ったきっかけは、中学生ぐらいの頃に読んだ

「ニュートン」っていう科学雑誌やった

 

そこに宇宙のなんかよくわからん

「え?!それってこの現実で起こってるんですか?!」みたいなことが

いっぱい書かれとって驚愕したんを覚えとるわ

内容はもう忘れてもたけど

 

そこからもっと宇宙物理とか天文学とか知りたい!って思ったんよな

そうだ!宇宙とか天文の本買おう!

 

 

・・・けど!

当時まだ中学生、お金が全然ない!バイトもでけへんしな

そんなときに「宇宙の知識全体を網羅できる本」が欲しいと思ったんや

 

いろんな種類の本を何冊も買うことはでけへんから

この一冊あれば大体のことはわかる!っていう本が欲しかった

 

 

あれから数年後、今の俺から当時の中学生の俺にオススメしたい本が今手元にある

今日はこれを紹介しよう!

 

シリーズ現代の天文学

f:id:uxirisu:20170503122621j:plain

 

紹介する本は「シリーズ現代の天文学」の第1巻「人類の住む宇宙」や!

 

このシリーズは全17巻あるんやけど、

全体の知識を網羅するにはこの第1巻を読むのがいい!

f:id:uxirisu:20170503123139j:plain

 

たしか日本天文学会が100周年を記念して、

「天文学の教科書をつくろう!」的なノリで作ったやつやったと思う

 

この第1巻は非常にわかりやすくておもしろい!

読み物として読める感じで、数式とかは全然出てこない ありがたやぁ

 

最高の天文入門書や!間違いない!

 

 

内容は?

内容は何かの天体に注目して性質を述べたりはしない

 

まず、天文学の歴史から入って

宇宙がどうやってできて、今どんな状態かを説明してくれる

そのほかにも地球や太陽、惑星の話

宇宙の法則の話なんかもしてくれるで

 

個人的には宇宙の法則の話がおもしろかったなぁ

 

 

あとは、恒星とは?惑星とは?銀河とは?のようなジャンルの分類の話がある

ジャンルの話で「ブラックホールっていう星があってその星は〜」みたいな注目した話はない

 

なんで無いかといったら

それはまた別の巻にまかせられとるからやな

f:id:uxirisu:20170503123925j:plain

 

巻ごとにテーマが細分化されてて深い話はこっちでしとる

 

ただ!

このシリーズ、教科書と言うだけあって第1巻以外はむずかしい!!!

俺も読んで見たけど普通に数式とか出てきて難しいんやこれが

おそらく理系大学生ぐらいじゃないと読んでもわからんと思うわ

 

第1巻だけやな数式なしで読み物として楽しめるのは

 

 

17巻も揃えるのは金銭的にもすごい大変やから

まずは1巻だけ買って見て欲しい

 

それから本当に知りたくなったら、興味ある巻数を買っていく感じが良いと思う

 

 

 

 

値段は?

人類の住む宇宙 第2版 (シリーズ現代の天文学 第1巻)

 

いつのまにか第2版がでとったようやな!

値段は2900円ほど

 

  • 単行本: 374ページ
  • 出版社: 日本評論社; 第2版 (2017/3/14)
  • 言語: 日本語
  • 発売日: 2017/3/14
  • 商品パッケージの寸法: 22 x 15.7 x 2.4 cm

 

本当に宇宙に興味があるなら1冊は持っておいた方が良い!

 

以上、

これさえあれば 宇宙、天文のだいたいの知識が網羅できる1冊の紹介でした!

 

人類の住む宇宙 第2版 (シリーズ現代の天文学 第1巻)

人類の住む宇宙 第2版 (シリーズ現代の天文学 第1巻)

  • 作者: 岡村定矩,池内了,海部宣男,佐藤勝彦,永原裕子
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2017/03/14
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

関連記事

宇宙好きに読んでほしい!素粒子から生命が作られる話【宇宙本紹介】

【宇宙本紹介】宇宙に興味がある!けど難しい本はイヤ!なら絶対これを読むべき 

物理学科生が教えるあらすじ、未来は全て確定しているのか 《前編》