SHIINBLOG

ウィリスの宇宙交信記

天体観測と日頃のあれこれ

初バズりからひたすら考えた【バズる記事のただ一つの特徴】

【スポンサードリンク】

どうも!ウィリスです!

 

やったぁぁ〜〜〜!!!!

あ"あ"ぁぁ〜〜っ!!!

f:id:uxirisu:20170611180735p:plain

 

 

はじめてバズを経験したで!

 

バズったのはこの記事

 

www.uxirisu.tokyo

 

微分積分をめっちゃ簡単にわかりやすく教えてくれる本の紹介記事!!

俺が大学1年でまったく勉強せず、微分積分を忘れたとき助けられた本なんや

 

自分的には何もバズらせようとかは全く考えず

いつも通りの記事を出しただけなんやけども。。。ちょいと好評やったみたい

 

なんでやろな。。。

 

なぞやな!

 

俺がバズりそうと思う記事実際バズる記事にはがあるみたいや

この差を埋めていけたらどんな記事がPV伸びるかだんだんとわかるようになって来るかもしれへん

 

今回は

バズった結果どういう記事がバズりやすいのか検証していこうかな

 

 

ではでは

 

 

などなど

いろいろ見ていこう!

 

 

 

バズった詳細

f:id:uxirisu:20170611180037p:plain

 

バズったっていったけど、正確には

「はてなブックマーク」をいっぱいもらえたら記事が載るサイトに掲載されたんや!

はてなブックマーク

 

「はてなブックマーク」ってのはTwitterの「お気に入り」みたいなもん

「はてブ」とも省略されるな

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ↑このマークでおなじみやな

 

ブログ記事が公開されて、

はてなブックマークがいっぱい付き出した記事はこのサイトに紹介されるんや

 

重要なのは

はてブの数より、はてブ数の増加度が重要ってこと

 

たとえば、はてブ1000の10年前の記事より

はてブ10の1分前の記事のようが掲載されるってことや

 

 

はてブのサイトに掲載される方法

はてブのサイトに掲載されるには

まず記事を出して約12時間以内3はてブ以上つく必要がある

 

それをクリアするとサイト内の「新着エントリー」

という枠で載ることができる

 

そこからはてブ数が増加度が高い記事のみが

続いての「人気のエントリー」に掲載されるんや

ここに上がれない他の記事はどんどんサイト掲載から消滅していく。。。

 

さらにさらに

そこからジャンル分けされる

ジャンルは数えたところ100以上あって

 

今回の記事

微分積分を忘れた大人達が 超絶簡単に復習できる方法 - ウィリスの宇宙交信記

はジャンル「数学」に掲載されたみたいやな!

 

f:id:uxirisu:20170611182948p:plain

 

掲載期間とアクセス数増加

はてブサイトの「新着エントリー」に乗ったとしても

そんなにアクセス数は稼がれへんねん

すぐ掲載終了してまうしな。。。

 

なんでかって言ったら「新着エントリー」に載ることは、

はてブ3獲得という比較的簡単な用件だけやから

かなり多くの記事が「新着エントリー」に載ることになる

 

そうすると、ちょっと古い記事はどんどん押し出されて消えてまうねん。。。

というわけで、「新着エントリー」の掲載期間はかなり短い

 

俺も「新着エントリー」なら過去に何度か載ったことはあるけど

アクセス数は全くといっていいほど変わらんかった(いや微増くらいかな)

 

 

でもな、人気エントリーは違うで!!!

掲載期間はその記事のはてブのつき具合でかなり変わって来るけど

 

俺のはてブ28しか付いてない今回の記事。

なんと5日間も掲載され続けとる!

 

この記事を書いてる今現在も、掲載されとるんや

まだ伸びるかもしれん!!!

 

そして、この5日間

アクセス数は底上げされた感じになっとる!

これは嬉しい!

 

新着エントリーと人気エントリーは

全然違うんやなぁ

 

 

バズった結果

f:id:uxirisu:20170611182233p:plain

バズった結果、アクセス数は画像の通りや

 

簡単に言えば、バズったその日は

アクセス数は100PV→300PVほど

 

約3倍やなっ!!!

 

すごくね!?

いや、どうなん?!

 

みんなどう思う? 

 

ん?えっ?

全然バズったうちに入らないって?!

 

え? え、でも、あ、・・・はい。

 

 

ちなみに、このブログの普段のアクセス数とかはここに書いてある 


 

この後5日間、掲載され続けて

アクセス数は「底上げ」という意味がよくわかる感じで実現したで

 

普段100PV/日だったのが150PV/日に上昇した!

 

 

 

あれ??

思ったより伸びてなくない??

一時期「数学」ジャンルでトップページ飾っててんで!?

 

他のブログでバズったら、「数万PV/日」とかよく聞くやん?

なんでやろ。俺のブログは50PV増。あれれ。

 

 

あ!!

わかった!!!

 

今回掲載された「はてブサイト」

あんまり閲覧者いないんちゃうん??

 

俺もブログ始めるまで「はてブサイト」知らんかったし

一般ピーポーはそもそも見ないわけやな

 

 

ほいじゃあ、他ブログのバズって「数万PV/日」ってのは何?って話

 

それは、掲載されたサイトが違うんや

その人たちは多分「グノシー」「スマートニュース」などなど

もっと大手のいっぱいの人が見るサイトに掲載されたんやなぁ

 

 

結論

はてブの人気エントリー掲載では

アクセス数は微増

→「グノシー」や「スマートニュース」に掲載されたいなぁ

 

 

バズるためには

今回なんで人気エントリーに入れたんやろか。。。。

記事は特に力を入れず、いつも通りのものを投稿したつもりなんやけど。。。

f:id:uxirisu:20170611193652p:plain

 

考えたところ原因は3つ

①みんな大嫌い「微分積分」

バズった記事は「微分積分を忘れた大人たちが、超絶簡単に復習できる方法」というものやったんや

そしてその記事のコメントを見る限り、

みんな微分積分が大嫌いらしい!

 

その大嫌いな微分積分についての記事やったから「感情」が動いたんやろうと思う

 

この記事のタイトルとサムネイルを見て、

記事を開いた人の中で

「よっしゃ微分積分を復習しよう!なんかいい方法ないかな」と思って

記事を開いた人はほとんどおらんと思うねん

 

じゃ、なんて思って俺の記事を開いてくれたか?

 

大体の人が「うわっ、微分積分嫌いやったなぁ」と思って不意に記事を開いてしまったんちゃうやろか

 

これまで俺は、「読まれる記事=読む人がする記事」だと思ってた

それは正しいねんけど、今回ちょっと追加したいな

 

「読まれる記事=

 読む人がする記事 + 読む人の感情が動く記事」

 

そういうこと! 利益じゃなくて感情

 

読む人の過去の出来事経験思い

読む人の好み執念共感、などなど関連するキーワードが出ることでも

 

ふと興味が湧いて、読んでしまう

f:id:uxirisu:20170611190310p:plain

 

結論

これから、記事を書くときは、

この記事で「読む人の感情を動せそうか」考える

 

もちろん記事の内容が充実していることが大前提やで

 

 

②タイトルはちょい考えたで

タイトルはちょいと考えたで!

「微分積分を忘れた大人たちが、超絶簡単に復習できる方法」

 

いま思うとまだまだやな、と思うけども

 

 

自分なりにシンプルにかつ、感情を動かせる記事やなと思う

 

〜〜まず、シンプルさ〜〜

ブログを見るかどうか決めるのはタイトルとサムネイル画像や

その点でタイトルはめっちゃ大事!

 

しかも、ユーザーがタイトルを読む、、、いや、見る時間なんて2秒もないんちゃうかな

f:id:uxirisu:20170611182948p:plain

パッと見て、目に止まって「感情を動かせるか」

 

その点でシンプルさ(読みやすさ)が大事になって来る

 

このタイトルはどうやろうか。。。

50点くらいくれてもええちゃうかな。。。

 

 

〜〜お次に感情を動かせるか〜〜

今回はラッキーパンチやったな!

思いの外「微分積分」憎んでいる人が多くて、読む人の感情が動いていたみたいや

 

さらに「超絶簡単に」という誇張表現を初めて使って見たで

 

これまでは「ちょっと言い過ぎてるかもな、騙すみたいで嫌やなぁ」とか思って、

 

なんの特徴もない科学論文の目次みたいな

感情も何もない白黒のタイトルをつけとった

 

 

「〇〇と話題に!」「知らないとやばい!?」 ←こんな感じの誇張表現。

みんなはどう思うやろか。。。

 

感情を動かすには適していると思う

けど、内容に合っていなさすぎる誇張表現を使いすぎるのもなんか嫌や

その間を見つけていけたらなと思う

 

 

③「数学」ジャンルに記事が少ない

今回、人気エントリーに入れたのも、

人気エントリー掲載期間が長いのも、

「数学」ジャンルの記事の絶対量が少ないからかなとも思う

 

ま、要するに敵が少ないということやな

 

 

 

結論

一目2秒、タイトルとサムネイルを見て、

読み手の感情が動くかどうかが大事

 

巷のバズっている記事たちを見て来ると、

「すべて」と言っていいほど、タイトルとサムネイルで惹きつけられるんや

 

「流行キーワード」の力でバズる記事もあるけど、それですらタイトルに一定の『感情が動かされる』魅力がある

たとえそれが、恐怖、煽り、焦り、不安、とか

ネガティブなものやったとしても効果は抜群や

 

 

まとめ

ダラダラくっちゃべってけど、言いたいことはただ一つ

その記事のタイトルとサムネイルを一目見て、読み手の感情は動くのか

 

f:id:uxirisu:20170611193918p:plain

 

いろいろなバズる方法が世の中出回っとるけど

それらは全て「読み手の感情を動かす方法」という形で統一できる

 

みんなもこれから記事を作る上で、一つだけ。

 

自分のタイトルとサムネイル画像を見直して

読み手の感情が動くかどうか想像して見てほしい

 

他人の感情を動かすなんて難しいことやし

俺もこれからできるかどうかわからんけど

 

試してみようかなと思う

みんなも一緒に頑張ろうぜ! 誰に言っとんやろか。。。

 

何も行動しないよりはましやろ! ・・・うん。たぶん!

「0か1かの違いは大きいんやで!byウィリスのおじいちゃん

 

ほいじゃ!

 

関連記事