SHIINBLOG

ウィリスの宇宙交信記

超絶怒涛のスーパーミラクル雑記ブログ

【カイジ】Eカードのルールを超絶わかりやすく説明するよ!【自作Eカードも】

【スポンサードリンク】

 

賭博破戒録カイジ 全13巻 完結コミックセット(ヤングマガジンコミックス)

 

最近、友達と人気漫画「カイジ」で登場する「Eカード」をして遊んでいます
 
普通に盛り上がるカードゲームだったので、
これから初めてやる人でもわかるように、ルール解説していきます!
 
 
 
 

Eカードとは

f:id:uxirisu:20170626025129j:plain

 

Eカードとは漫画「カイジ」に登場する、心理戦に特化したシンプルルールのカードゲームです

f:id:uxirisu:20170626011803j:plain

 

登場するカードは3種類のみ

「皇帝」「市民」「奴隷」です

 

これらの力関係を駆使して戦います

 

ちなみに、皇帝のエンエペラーの頭文字「E」がEカードの名前の由来です

 

Eカードのルール

 

Eカードの種類

 
Eカードは合計10枚のカードを使って行う心理戦です
カードの種類は 「皇帝」「市民」「奴隷」 の3種類のみです 

「皇帝」×1枚

f:id:uxirisu:20170626025959p:plain


「市民」×8枚

f:id:uxirisu:20170626030005p:plain


「奴隷」×1枚

f:id:uxirisu:20170626030011p:plain

 
ゲームのプレイ人数は2人です
お互いに5枚のカードを持ちます
その際、どちらかが皇帝側のカード、もう一人が奴隷側のカードを持つことになります

皇帝側
「皇帝」1枚 「市民」4枚

f:id:uxirisu:20170626025959p:plainf:id:uxirisu:20170626030005p:plainf:id:uxirisu:20170626030005p:plainf:id:uxirisu:20170626030005p:plainf:id:uxirisu:20170626030005p:plain

 
 
奴隷側
「奴隷」1枚 「市民」4枚

f:id:uxirisu:20170626030011p:plainf:id:uxirisu:20170626030005p:plainf:id:uxirisu:20170626030005p:plainf:id:uxirisu:20170626030005p:plainf:id:uxirisu:20170626030005p:plain

 

2人は 皇帝側・奴隷側のどちらかの陣営になり戦います

陣営は3戦ごとに交代し、12戦します

Aさんが対戦したとすれば、例えばこのような結果になったりします

f:id:uxirisu:20170626031645p:plain

この場合Aさんは奴隷側からスタートし、3戦ごとに陣営を交代

12戦していることになります

 

カードの勝ち負け

「皇帝」は「市民」に勝ち、

「市民」は「奴隷」に勝つ


「市民」と「市民」の場合は引き分けになります

 

そして「奴隷」は「皇帝」に勝つ
失うもののない「奴隷」は、唯一「皇帝」を刺すことができるわけです

 

 

f:id:uxirisu:20170626032117p:plain

 
「市民」が多いというカード数から考えて、
皇帝側が圧倒的に有利ですが、だからこそ「奴隷」勝った時の興奮がすごいわけです

 

ゲームの進め方

①Eカードはどちらが皇帝側スタートか決めてから、

それぞれの陣営のカードを割り振ります

 

ゲームは手札を1枚ずつ使って勝負します

手札は5枚あるので、5ターンあるようなものです

 

 

②まず、片方の人が手札5枚のうちカードをテーブルに伏せて出し、

その表情をみて、もう片方がカードをテーブルに伏せます

 

皇帝側は1・3枚目で先に出し、奴隷側は2・4枚目で先に出しします

 

この時カードは裏返しです

そうして両者がカードを出し合ってから、同時にカードを開きます



・多くの場合は「市民」vs「市民」で引き分けです
・「奴隷」vs「皇帝」が発生し、勝負がついた時点で、残りの手札があろうが放棄し、次の一戦に移ります
・4枚目まで引き分けだった場合、5枚目は勝負せずとも結果はわかりますが、形式的に勝負しましょう
 
 
12戦あるので、先に7勝したら勝利です
両者とも6勝の場合引き分けとなります
 
ルールの説明は以上です
(間違っている箇所があればコメントで知らせていただければ幸いです)
 

「カイジ」ではお金をかけている

お金をかける(それ以外にも何かかける)場合は、
12戦のうち1戦ずつお金を掛け合います
 
両者とも同じ金額をかけ、勝ったほうがすべて受け取れるというものです
 
さらに、「奴隷」側の陣営で勝利した場合、かけた金額の10倍の金額が支払われます
負けたほうがそれを負担するということです
 
 
ただ、実際に2人でやるときは、片方が10倍も払うなんてことは難しくなりそうです
各自工夫が必要かもしれません
 

漫画では。。。

漫画アニメ「カイジ」では、片方が超金持ち企業が相手だったので、勝負ができていました
同時に、もう片方の相手である金のない主人公カイジは、「聴力」をかけていました
耳に針をセットし、針と鼓膜までの感覚をミリメートル単位でお金の代わりにかけるというものです
もし0mmになれば、鼓膜を破壊し「聴力」を失うというものでした
 
は〜 こわっ!
 
 

おすすめ手作りEカード

Eカードはアマゾンなどで売っていません。。。
公式から限定のEカードは出たらしいのですが、もう高額オークションでしか手に入らないと思います
 
そこでおすすめなのが、手作りEカードです
(スマホを使うので手作りというのかわかりませんが。。。)
 

準備

対戦者2人はスマホに「皇帝」「市民」「奴隷」の三つのカードの画像を保存します

なければ、適当な画像に役割を決めて、それを使ってもOKですし、

自分で画像を自作しても良いですね!

 

ゲームの流れ

あとはそのままゲームできます

自分が提出するカードを決めて出すときに、

そのカードの画像をスマホに表示させ、スマホを裏向きでテーブルにおくわけです

 

相手側もそうします

 

2人とも提出後はスマホを裏返して、画面に手を触れないようにすれば、カードのようにゲームできます

 

しかも、カードを持ち歩く必要もなく、

相手が画像を持っていなくても、片方が持っていれば、LINEか何かで送信してあげれば、遊ぶことができます

 
個人的におすすめの方法なので、ぜひ試してみてください
 
 
 
 
関連記事