ウィリスの宇宙交信記

超絶怒涛のスーパーミラクル雑記ブログ

組織に人を集めるために本当に大事な3つのこと

f:id:uxirisu:20170928030234p:plain

「新入社員やバイトの応募が来ないなぁ」

「サークルや部活に新人が集まらないなぁ」

なんて状況に困ったことはありませんか?

 

それはすべて「人が集まらない」ことが共通点で、

簡単にいえば、「人気がない」ということです

 

しかし、必ずしも「価値がない」から「人気がない」訳ではありません

もっとうまく、なにかちょっとしたことを変えてみるだけで案外状況がひっくり返るものなんです

 

今回は、そんな状況をすこしでも変えるべく、

人を集まるために大事な3つのことを紹介します

 

 

ここでは、それぞれの組織が持つ専門的な活動のクオリティを上げる以外の方法を紹介します

 

まず、自分たちが楽しむ

f:id:uxirisu:20170928030143j:plain

 

まず一番大事なことは

自分たちが楽しんでいるかどうかです

 

どんな組織であったとしても所属している人が全力で楽しんでください

または、楽しめるような組織体系にしてください

 

それが大前提条件です!

 

 

もし、自分が体験でメンバーになったとして、

その組織の人が楽しそうじゃなかったらどうでしょう?

もう一発で加入する気は無くなります

 

いや、そんな分かりきったこと言うなよ

と思うかもしれませんが、これがやはり一番大事なので推して言っておきました

 

 

これができているだけで自ずと人は集まって来ます

本気で楽しんでいる人たちのところには、人が集まって来るんです

本当に幸せそうにものすごい笑顔で楽しそうに何かに打ち込んでいる人にはちょっと興味が湧きますよね

 

そうして人は集まって来ます

しかもこっちから誘うのではなく、どちらかというと向こうから集まって来てくれます

 

この状況こそが本当に実現したい理想の「人が集まる状況」です

 

 

活動を外に発信する

f:id:uxirisu:20170928030142j:plain

 

自分たちが本気で楽しんでいるなら、

次は外部にその楽しさや活動の様子を発信しましょう!

 

これをしないと、いくら自分たちが楽しんでいても内部で完結してしまいます

 

現代はありがたいことにSNSやら、

ホームページなどで簡単に情報を発信することができます

 

さらには、ダイレクトメールや応募フォームなど、

簡単に手軽に連絡が取れるという代物です

使わない手はありません

 

 

自分たちの組織の情報ちゃんと外部に発信していますか?

「情報」というのを具体的に言うと、活動、雰囲気、メンバー数、メンバーの年代、どんな楽しいことをやっているのか、などなどです。

 

 

まずは、始めてみましょう

SNSやホームページを作っていないなら、

この記事を読むのをやめて そっちの作業を始めてください!

 

そしてできるだけ、

仲良くワイワイしている雰囲気が伝わるように心がけましょう

これはかなりかなり効果的です

 

 

 

新人や体験で来た人に手厚く

f:id:uxirisu:20170928032833j:plain

 

仮入部や体験などで、自分たちの組織に訪れてくれた人は手厚くもてなしましょう

手厚くもてなすというのは、もちろんお金をかけたり、接客のようなことする訳ではありません

 

「会話を弾ませる」、「ひとりぼっちでほったらかしにしない」、

「案内をしっかりする」、「他のメンバーを紹介する」

などの常識の範囲程度です

 

 

 

新人はいつでも誰でも、

吐くほどの緊張不安を持ってやって来ます

 

ちゃんと対応して上げるだけで、その緊張と不安はかなり和らぎます

逆に、「ひとりぼっちでほったらかしにする」のは一番してはいけないことです

絶対に孤立させてはいけません

 

業務上または活動内容上、しかたなく一人にしてしまう時間が多い時は、活動が終わった1分間でいいので、コミュニケーションをとるようにしましょう

 

これがしっかりできているところは評価が高くなります

 

 

まとめ

 

今回はかなり簡単に完結にまとめてみました

自分たちの組織でもしできていないと感じることがあれば、この記事を参考に少し試してみてもらえると光栄です

 

関連記事