ウィリスの宇宙交信記

超絶怒涛のスーパーミラクル雑記ブログ

衣類を掛けたアイロンできる【Tenswallスチームアイロン】を使ってみた!使えるけど、評価はうーんって感じ。

f:id:uxirisu:20171212221714j:plain

 

服をかけたまま使えるスチームアイロンを使ってみました!

今回は使用感や評価をしていきたいと思います

 

 

Tenswallスチームアイロンの特徴

f:id:uxirisu:20171212222906p:plain

まずはTenswallスチームアイロンの特徴をまとめておきます

  • アマゾンで2300円ほど
  • ハンガーにかけたまま衣類をアイロンがけできる
  • 水容量:140ml
  • 準備時間(MAX):120秒
  • 連続使用時間(MAX):5-7分
  • 高温のスチームには衣類の脱臭・除菌効果あり、ニオイを約90%も脱臭できる
  • シルクや棉、ウール、麻、車の座席など、すべての衣類に使える

 

買おうと思った理由

シャツ系のシワがひどく、いつも着て外に出れないほどシワくちゃです

別にシャキッとするほど、シワ伸ばしできなくていいけど、アイロンが欲しくなったんです

ちなみに、ワンルーム一人暮らしなので「アイロン&アイロン台」なんていうスペースを取るものは買いたくありませんでした

あと、衣類をハンガーにかけたまま使えるのは魅力的でしたね

2000円くらいならなんでも良かったです

 

 

Tenswallスチームアイロンのレビュー

f:id:uxirisu:20171212215116j:plain

ではでは早速レビューします

 

開封すると本体以外には

シンプルな説明書持ち運び用の巾着袋がついて着ます

巾着袋は別にいらないと思いましたけど、何かに使えそうなので保管しておきます

 

本体はシンプルな構造でした

簡単にいうとこれは「電気ケトル」です

f:id:uxirisu:20171212224648p:plain

 

蓋を開けて水を入れます

「maxと書いてあるライン」まで水を入れられます

水は140mlか150ml入ると書いてありましたが、僕がやって見たところ200ml入りました

なんか適当な会社ですね。。。

 

あとは電源コンセントをつないで、水が沸騰するまで待ちます

本体に「ON/OFFスイッチ」があるのでオンにしておきます

f:id:uxirisu:20171212224956p:plain

 

説明書にはMAX2分で沸騰すると書いてありましたが、僕がやって見たところ1分半で沸騰しました

これは思ったより早いです!

そしてバンバン水蒸気が出てきます(急に出てくるのでヤケドに注意)

これでシワを伸ばすわけですね

f:id:uxirisu:20171212215334j:plain

 

 

試しに、いらないシャツで試してみます

今回使うのはこちらです

f:id:uxirisu:20171212225411p:plain

ちゃんとシワくちゃですね!

左半分だけアイロンをかけていこうと思います

 

この掛けたまま使えるアイロンは、

服をしっかり伸ばしつつゆっくり当てていかないといけません

左手で服を伸ばしながら、右手でアイロンをゆっくり当てていくと良かったです

 

早くあてたり、少しでも離してあてると効果は薄かったです

f:id:uxirisu:20171212225545p:plain

左の当て方はダメ。右の当て方がOKだと判明。

 

 

結果報告

2分ほど様子を見ながらアイロンを当ててみました

f:id:uxirisu:20171212230034p:plain

(左のオモテ写真は右がbefore左がafter)(右のウラ写真は左がbefore右がafter)

 

正面から見てみるとあまり変わっていないように見えますね

これは写真写りの問題です、実は結構シワが伸びています

 

右の写真は背中部分の写真です

片道20秒ほど掛けてアイロンを当てたんですが、しっかりシワが伸びています

これはなかなかの効果だとは思いました

 

次は肘部分を見てみます

f:id:uxirisu:20171212230018p:plain

(左がbefore 右がafter)

肘のシワもめっちゃ伸びてます(嬉)

まぁ2000円の仕事はしてくれたかなといった感じです

 

ただ、ちゃんとしたアイロンほど「パリッ、シャキっ」とシワは伸びません

外に出ても恥ずかしくないくらいのシワ伸ばしはできました

 

良いと思った点、悪いと思った点

使ってみて良かった点とか気になった点をまとめておきます

電源コードが短いかも

電源コードの長さが記載されていなかったので、自分で測ってみました

測ってみると約260cmほどでした

 

使ってみましたが、ちょっと短いかもしれません

床の電源コンセントから使った時には、手を上に上げるとちょっと引っかかります

その場で使うのなら、そんなに気にならないですが、ちょっと広い部屋などで使うなら延長コードも必要かもしれません

 

素早くアイロンがけしようとするとこぼれる

このスチームアイロンはいってみれば「電気ケトル」です

沸かしたお湯の湯気でシワを伸ばしています

 

なので、振ったり逆さにすると中身の熱湯がこぼれます

さらに、アイロンをサッサッと早めに当てようしてもこぼれます

f:id:uxirisu:20171212215401j:plain

 

ゆっくりかけるように気をつけてください

 

沸騰するまで早いから最高

水を入れてから沸騰するまで2分かかると書いてありましたが、1分半で沸騰しました

水温などいろいろ変動することはあるでしょうが、十分我慢できる待ち時間です

 

あと、沸騰すると自動的に蒸気が噴出します

本体の先端共にやけどできるレベルに高温になっていたので気をつけないといけません

 

 

アイロンほど、ピンとシワは伸びないが十分

霧の量も十分で恥ずかしくない程度にはシワが伸びます

ただ、しっかりしたアイロンのように「パリッ」とした伸び方ではありません

 

連続稼働時間が短い

稼働時間は7〜8分と説明書に書いてあります

実際に試したところ、確かに7〜8分です

 

また説明書には「Tシャツであれば5-6枚、シャツであれば3-4枚、アウターであれば1枚分」と書いてありますが、そんなにはできないと思います

シャツなら2枚がこなせるくらいでしょう

 

そして7〜8分で水がなくなるとオートストップしてくれます

そこはいい点です

そのあと、また水を入れて沸騰するまで2分ほど待つのは正直しんどいですね。。。

まぁ「朝に1枚アイロンかけするだけ」というシーンが多いと思うのでそんなことは少ないかもしれませんが

 

まとめ

f:id:uxirisu:20171212215216j:plain

 

  • パリッとシワは伸びないが十分
  • 電源コード短いかも
  • 稼働時間が短いかも(1枚分なら十分)
  • ゆっくりアイロン当てるようにしよう
  • 自動で噴出する水蒸気によるヤケドに注意

 

そもそも服をかけたまま使えるスチームアイロンを使ったのが初めてなので、こう思うだけかもしれませんが

思ったよりパリッとした感じのシワ伸ばしにはなりませんでした

また家族で使うなど、量をこなすのであれば向かないかもしれません

 

しかし、2000円分の仕事は十分してくれたように感じます

一人暮らしで朝、シャツを1枚、サッとシワを伸ばすのには重宝しますね

仕事やバイト行く時にワイシャツをササッとラフにシワ伸ばししたい時には特に十分使えます

僕もこれくらいの手間なら使っていくと思います

それでは!

 

関連記事